« ウォヌ | トップページ | 中京 »

2019年7月18日 (木)

安くておいしい鶏ガラスープの取り方

おはようございます。久しぶりに雨の気配もなく、セミが本格的に鳴き始めました。海の向こうフランスではTDRも1回目の休息日が終わり、長い旅も中盤にさしかかっています。私の練習は脚が重々なので、ギアはカルメジャーヌ。ただ、体重が1kgも減っていたのはうれしかったですね。さて、先日、食遊市場で鶏ガラを買って、スープをとりました。500円ほどで10リッターの位のおいしいスープが取れます。凍ったままの鶏ガラを沸騰したお湯の中に入れて、5分ほどグラグラ煮立たせて、アクや脂を出します。良く水洗いして、血合いや汚れを除きます。寸胴に鶏ガラ、鶏手羽10本、昆布、ネギの軸、ショウガ、ニンニク、キャベツの葉を入れ、一杯に水を満たし、強火で煮ます。沸騰寸前になったら火は弱火に。浮いてくれ脂やアクは丁寧にすくいましょう。30分ほどしたら鶏手羽は取り出し、身を外して、骨は再び寸胴に戻します。外した身は、フォーの具やサラダのトッピングになります。2時間ほど煮込むと、こんなきれいなスープが取れます。顆粒の鶏ガラ出汁と違い、まろやかなクセのない味で、ほんのり甘みを感じます。また、出来たてのスープは鶏の良い香りもします。2~3日使う分は冷蔵庫に、その他はタッパーに500mlくらいに小分けして冷凍。もう良い香りと言うわけにはいきませんが、それでもインスタントよりはるかに良い味です。是非、お試し下さい。それでは今日も元気に行きましょう。

« ウォヌ | トップページ | 中京 »

無料ブログはココログ